頭皮 血行不良

*

頭皮の血行不良は薄毛の原因No.2。毛穴ばかり気にしてませんか?

main

なんで血行不良で薄毛になるの?

それは毛乳頭に栄養が行き渡りにくくなるからなんです。

毛乳頭は髪の毛の成長・発毛・脱毛を担当する『司令塔』のようなもの。

その毛乳頭に栄養が行かなくなってしまうと、髪の毛の材料である毛母細胞に指令が行かず成長を止めてしまい、やがて抜けてしまうと言うことなんですね。

髪の毛にとって血液、栄養は必須なんです。

じゃあ血行不良を治せば薄毛は治るの?

kekkou-furyou-usuge_000

治る場合と治らない場合があります。

治る場合とは

完全に薄毛の原因が『血行不良』と『栄養不足』の2つだけの場合。
ただほとんどの場合、『血行不良』と『栄養不足』の2つだけというのは考えられないと言われています。

なぜなら薄毛というのは、様々な要因が重なってできるものだからです。

  • 男性ホルモン
  • 内臓疾患
  • ストレス
  • 頭皮(毛穴)の炎症
  • ホルモンバランスの乱れ

など様々です。
薄毛の方の60%以上は、何種類もの影響を受けて薄毛になっているということなんです。

『血行不良と栄養不足だけが薄毛の原因』の場合とは、本当にごく稀の事です。

そして、全てに共通しているのは、頭皮の毛細血管の減少。
薄毛改善の根本は実はココに隠されていたんです。
▼詳しくは別ページに書いています。
薄毛は血行促進だけでは改善しない。血管新生が必要

治らない場合とは

先ほどお伝えした、血行不良以外の『男性ホルモン』『内臓疾患』『ストレス』『頭皮(毛穴)の炎症』『ホルモンバランスの乱れ』などが原因の場合です。

男性ホルモンが原因ならば、男性ホルモン(DHT)の影響を抑制しなければなりませんし、内臓疾患が原因の場合は病院にて検査して疾患の特定をしなければなりません。

ストレスが原因の場合で薄毛になると言うのは、ストレスが原因で自立神経が乱れるから。
自律神経が乱れると、血流が悪くなり『血行不良』に陥ってしまいます。

ホルモンバランスの乱れは、主に女性に起こる事で産後や更年期に起こりやすく、ホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンの分泌量が低下してしまいます。
女性ホルモンは髪を成長させるため、減少してしまうと髪の毛の成長止め、脱毛を引き起こしてしまうのです。

結局、血行不良を治しても薄毛は進行するの?

kekkou-furyou-usuge_001

進行する可能性は十分にあります。

薄毛を治すのならば、前述の様々な原因、すべてを正すことが必須となります。

しかし、全てというとやはり難しいですよね。さらにかなりの年月にわたって継続して行かなければなりません。

ですので、継続しやすいように、出来るだけ負担を無くし少しずつ行っていくのが一番いい方法と言えます。

まずは、血行不良の改善から行っていきましょう。

血行不良を治す具体的な方法

頭皮の血流を良くするにはまず、悪くしている原因を取り除き血行促進するための対策を施します。
以下に頭皮が血行不良になる原因をご紹介します。

頭皮マッサージ

頭皮を指でぐりぐり強く押したり、ブラシで叩いたりと頭皮をいじめるようなマッサージ法がよくありますが、絶対やめましょう。

痛いだけですし、頭皮が痛むだけです。

やり方1

kekkou-furyou_03
▲写真の様に、耳の前後に手を置きます

kekkou-furyou_04
▲そのまま上へ擦ります。

kekkou-furyou_05
▲戻します。

この動作をを1分間繰り返すします。

徐々に頭皮が血行あったかくなってきます。

耳の前後には2本の太い血管が頭部へ通っており、そこを擦ることによって効率よく血行促進されます。

atama

出典元:血行不良は要注意!そのせいで頭皮に栄養が届きません。|僕の頭皮改善マニュアル

その1を行ったあとに、頭全体を両手で押さえ頭皮自体を動かす感じで円を描くように行います。

以上の事を毎日行います。

運動

筋肉は、心臓から送られてきた血液を送り返すという“ポンプ”の役割を担っています。

運動をしないと筋肉量は低下し、血行不良を招いてしまうんです。定期的に適度な運動を心がけるようにするのが良いでしょう。

・休日に30分ほどウォーキング。
・駅や会社のエレベーターは使用せず階段で行く。
・筋トレを少ない回数でもよいので毎日欠かさずやる。

などなど、ご自身に合ったなるべく継続しやすい運動方法を選ぶのが良いでしょう。

肩こり首こり

肩こりもかなり影響あると考えられています。肩こりや首こりによって、頭部に向かって通っている血管を圧迫させ、頭部への血流を悪くしてしまいます。

凝りが酷く慢性化すると、髪の毛への栄養供給がスムーズに行われず、髪が弱体化してしまいます。

肩こりや首こりを治すのが一番良いですが、なかなか治りにくいのが現状です。

肩こりや首こりの対処法としては『ストレッチ』や『姿勢を正す事』が良いと言われています。
すぐには治らないものなので、常に心がけることが大切です。

タバコ

これは一番ダメかもしれません。

愛煙家の方にはきついかもしれませんが、薄毛の方はタバコをやめることを勧めます。

タバコを吸うことによって、末端から血流が悪くなっていきます。

指先や足先、もちろん頭頂部も

なので、どれだけ血行促進してもタバコによって無意味になってしまうので完全にやめることを強く勧めします。

また、サプリを飲んでいる方も要注意です。
タバコはビタミンなどの栄養素を破壊します。せっかくサプリメントで栄養を摂取しても、破壊してしまっては全くもって無意味です。

破壊されるのはビタミンだけではないかもしれませんので、育毛サプリを飲んでいる方はタバコは止めるべきでしょう。

血行不良によって引き起こされる頭皮の異常にも要注意

頭皮の血行が悪くなると、皮膚自体にも影響を及ぼします。
頭皮の乾燥を放置すると、うっ血・赤み・皮膚炎・薄毛など様々な症状を招きます。

→ 血行不良によって引き起こされる頭皮の異常

血行不良は百害あって一利なし

これは頭皮に関わらず、全身に言える事です。血液は車で言えばガソリンです。ガソリンが汚れていたり、流れが悪かったら車は動きません。

栄養は胃や腸で吸収され血液によって運ばれます。血液がドロドロだったり、収縮してしまって流れが悪くなると、様々な病気を引き起こします。

また、一度薄毛になってしまうと、実は全盛期の頃に戻ることはありません。現在の医学でも目立たないくらいにしか回復しないのが現状です。

そのような事を防ぐためには、日ごろから血行不良にならないよう心がける必要があります。
運動や正しい姿勢、脂っこいものばかりの食べ物など、常に予防する事が大切なんですね。

  ピックアップ記事

(男女兼用) どの薄毛のタイプにも効果的な育毛剤ランキング

Deeper3D

女性の使用率も多い育毛剤。
業界初となる成長因子を『そのまま』配合した育毛剤です。8種類の成長因子をはじめ、強力な男性ホルモン抑制効果をもつ『キャピキシル』、5αアボキュータなど男性にはなくてはならない成分のほか、発毛促進因子FGF-7の分泌作用のあるゲンチアナ根茎/根エキスなど、今までの育毛剤には配合されていなかった成分が多く含まれています。
Deeper3Dで初めて配合された成長因子FGF-1は、医薬品育毛剤リアップの発毛作用であるVEGFを上回るほどの血管新生作用をもちます。もちろんHARG療法で使用されるFGF-7やIGFも配合。価格は高いですが、重度の薄毛の方や、分け目や頭頂部を集中的にケアしたい人には適した育毛剤です。
また高額治療のHARG療法を行う前に使用してみることをお勧め致します。

Deeper3D_000

MUNOAGE ミューノアージュ

発毛率90%以上を誇るHARG療法を行っている皮膚科医監修のミューノアージュ。発毛には欠かすことのできない成長因子に着目したした育毛剤で、今まで無添加だけにこだわり続けてきたような女性用育毛剤とは全く違います。いくら無添加でも生えなければ意味がありません。

女性用にありがちな「抜け毛予防の育毛剤」ではなく、ミューノアージュは『生やす為の育毛剤』。お試し用1,980円と格安なので、一度は試しておくべき育毛剤です。

また、ミューノアージュは男性用育毛剤チャップアップに配合されている『M-034』を含む育毛剤で、10,000円ほどするチャップアップを購入するより、圧倒的にコストダウン出来るので、密かに男性にも人気の高い育毛剤です。

munoage_bnr

The Scalp5.0c

Deeper3Dの次にオススメなのが、このTheScalp5.0C。成分はDeeper3Dよりは劣りますが、他の育毛剤には負けてません。オリゴペプチド-41(発毛促進因子KGF様作用)をはじめとした、成長因子様作用やDeeper3Dにも配合されているキャピキシルも配合しています。
価格もDeeper3Dより3,800円安くリピート率の高い育毛剤です。

公開日:
最終更新日:2015/11/20