女性の薄毛 男性の薄毛 脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛につながる脂漏性皮膚炎ってなに?

更新日:

脂漏性皮膚炎とは、顔や背中、脇の下、頭皮など、皮脂の多い部分に、
湿疹・赤み・痒み・かさぶたなどといった症状を招く皮膚炎です。

よくできやすいのが、顔と頭皮。
脂漏性皮膚炎は一度出来てしまうと、何十年にもわたって治療しないといけない完治しない病気です。

脂漏性皮膚炎は完治しない

完治はしませんが、何年も抑えることは可能です。つまり、定期的に予防をすると言うことです。
もし発症した場合、早めに治療すれば数か月から数年に渡っても抑えること可能です。

発症してかなり重度のものになってしまうと、かなり長引くことが予想されるでしょう。
早めの治療を心がけてください。

スポンサーリンク



脂漏性皮膚炎の治療法は??

治療法は病院へ行くことです。

病院へいって、ステロイド薬や炎症止め、ニゾラールローションなどを処方してもらってください。
ただ、ステロイドは長期間塗ると、副作用として酒さ様皮膚炎になります。

とにかくステロイドを塗れ!という医師には注意してください。

→ 酒さ様皮膚炎 google検索

酒さ様皮膚炎とは

別名、ステロイド皮膚炎ともいわれる怖い皮膚炎です。

頭皮の様な皮膚の強い場所にはなりにくいのですが、顔の口回りなどの皮膚の薄い部分によくなります。
特に女性がなりやすいと言われています。

実は、脂漏性皮膚炎は口回りなどにもできやすく、その部分にステロイドを塗ってしまいがちです。
その後、引いたと思ってステロイド止めると、酷いブツブツした湿疹に見舞われます。
しかも、そのブツブツは脂漏性皮膚炎を抑えるために塗っていた口回り以外の、おでこ・ほほ・アゴ・首筋などほとんどの箇所にブツブツができます。

さらに、そのブツブツはなかなか引きませんし、治療法はありません。
薬は通用しないので、化粧水以外塗ってはいけないのです。

その治療期間は1年~3年ほど。
そして元のキレイな顔に戻ることはないでしょう。色素沈着や小さなブツブツが消えない可能性があります。

少しなら、良いですがなるべくステロイドは使用しないようにしましょう。

脂漏性皮膚炎の原因は皮脂???

脂漏性皮膚炎は、カビ菌が原因で発症する皮膚炎で、そのカビ菌をマラセチア真菌と呼びます。

マラセチア真菌とは、顔や頭皮などの皮脂の多い部分に存在する常在菌です。
常在菌とは、皮膚に常にいる菌で、皮膚には必要な菌なんです。

しかし、その常在菌が増えすぎると、逆に悪影響になってしまうんです。

マラセチア真菌は皮脂が大好物。
皮脂の分泌が多いとエサとなる皮脂を食べ、増殖します。
その食べた時に出る、副産物として遊離脂肪酸という酸を排出します。

この酸が皮膚に炎症・湿疹などといった症状を引き起こすのです。

つまり、この酸を排出するマラセチア真菌を減らせば、症状を防ぐことができるということ。
マラセチア真菌を減らすには、ケトコナゾールという医療用成分が必要になります。

脂漏性皮膚炎に効果的なケトコナゾール

ケトコナゾールとは、抗真菌作用のある医療用成分です。

この成分を含む薬の市販はありません。必ず、病院でもらってください。

このケトコナゾールを配合したものにニゾラールクリームと言うものがあります。
最近では、クリームタイプとローションタイプの2種類があるそうです。
頭皮には、ニゾラールローションになります。

使い方は、ニゾラールローションを現在使用しているシャンプーに混ぜて毎日シャンプーするだけ。

ただ、ニゾラールローションに炎症や湿疹を抑える作用はないので、まずは炎症や湿疹といった症状を無くしてから使用しましょう。
頭皮なら、ステロイドでもOKです。

ただ、頭皮の弱い方は、第二類の皮膚炎用の薬を使用してください。

脂漏性皮膚炎の頭皮に優しいシャンプー


脂漏性皮膚炎は、普段より頭皮は弱っている状態です。
放置すると、脂漏性脱毛症にもなりかねませんので、早めの治療が必要です。

それと共に、頭皮への刺激もなるべく減らしましょう。
頭皮は慢性的な炎症を起こしている状態。炎症が毛穴内部にまで届くと、脱毛を引き起こします。

そうならないように、低刺激のシャンプーや抗炎症作用のあるシャンプーを使用しましょう。

→ 抗炎症・低刺激のシャンプー一覧

脂漏性皮膚炎は普段からの予防が大事

脂漏性皮膚炎は皮脂が根本的な原因です。
皮脂を増やす原因は、主に食事。

油っこいものや、甘いもの、味の濃いものなどついつい食べたくなるようなものが原因と言われているのです。
全く食べるなとは言いませんが、なるべく控えるようにしましょう。

また、ビタミンB群は皮脂をコントロールする作用があるので、積極的に摂取しましょう。

脂漏性皮膚炎はほんの少し気を付けることで予防できます。
常に気を使えるように務めるのが、一番の解決策となります。





おすすめピックアップ育毛剤

MUNOAGE ミューノアージュ

munoage_bnr

発毛率90%以上を誇ると言われているHARG療法の施術を行う皮膚科医が開発した育毛剤ミューノアージュ。発毛には欠かすことのできない成長因子に着目したした育毛剤で、今まで無添加だけにこだわり続けてきたような女性用育毛剤とは全く違った視点の育毛剤です。いくら無添加でも生えなければ意味がありません。

エンドウ・イチョウ・昆布エキスが3種類の成長因子の分泌を促し、育毛を促進させます。

ミューノアージュは女性用育毛剤にありがちな「抜け毛予防の育毛剤」ではなく、ミューノアージュは『生やす為の育毛剤』。お試し用1,980円と格安なので、一度は試しておくべき育毛剤です。

また、ミューノアージュは男性用育毛剤チャップアップに配合されている『M-034』を含む育毛剤で、密かに男性にも人気の高い育毛剤となっています。

ただし、チャップアップは男性型脱毛症向けなので、男性型脱毛症を抑制する成分も配合されています。チャップアップは9000円ほどしますが、その分配合成分がかなり充実しているので、M字や頭頂部が薄い男性にかなり人気です。

チャップアップ

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

育毛剤ランキングなどで1位を独占しているチャップアップ。その理由は内容成分にあります。
ミューノアージュと同じように、血管新生作用のあるM-034を配合し、抗男性型脱毛症成分も配合されています。
抗男性型とは、M字や頭頂部などといった男性ホルモンが原因でなる薄毛の進行を抑制するというもの。
薄毛男性の半数以上が男性型脱毛症と言われている、昨今。この育毛剤なしでは、モテません。
男性の場合、女性の薄毛と違い、何年もかけて薄くなるわけではありません。一気に数ヶ月で薄くなってしまいます。
「まだ薄毛というわけではないし・・・」という方は、今使って下さい。進行を抑制してください。薄毛の恐怖を味わった人間からのアドバイスです。

-女性の薄毛, 男性の薄毛, 脂漏性脱毛症

Copyright© 頭皮の血行不良を治し薄毛を改善!4つの血行促進法!でも… , 2018 AllRights Reserved.